街の情報ゲット!

「野人塾」子どもたちの笑顔弾ける♪ サッカー元日本代表・岡野さんのかけっこ教室inなりた 

3月12日、成田市中台運動公園陸上競技場で、サッカー元日本代表、俊足で知られ「野人」のニックネームで親しまれる岡野雅行さん(現・ガイナーレ鳥取ゼネラルマネージャー)によるかけっこ教室「野人塾」(主催:朝日新聞社・千葉東部朝日会)が行われました。

700件以上の応募から抽選に当たった、午前は小学1~3年生の親子、午後は小学1~6年生、合わせて約400人が楽しい半日を過ごしました。

講師は、岡野さん、ミズノ認定走り方教室指導員、城西大学陸上競技部監督と選手のみなさん。

岡野さんが、自らの俊足に気づいたのはなんと大学時代だそう。
自分で前線に向けて蹴ったボールに、自分が追いついてシュートするプレースタイルを実行できるほど、なんと100m10秒8の俊足で頭角を現し、Jリーガー、日本代表として活躍、日本のワールドカップ初出場にも貢献しました。

【野人塾】

まずは元気に「よろしくお願いします!」

ストレッチは楽しみながら~♪
2人1組で、指導員の掛け声に反応して、膝、肩、頭、おなか、つま先、かかと、お尻・・・。

スライドショーには JavaScript が必要です。


そして「背中!」で、相手の背中にタッチ!


子どもたちの笑顔が弾けました♪

岡野さんと対決♪

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

給水タイムも、岡野さんのもとに子どもたちが~。

スライドショーには JavaScript が必要です。

走る前の姿勢をまっすぐにするために、両手をまっすぐ高く上げて、ストーンと落とす

両腕は平行に、おへそを前に向けたまま、ひじを引く
「ひじは四角(直角)にしてね」

スライドショーには JavaScript が必要です。


後ろに立ってもらい、手の平をひじでパンチする感覚で

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

ももを上げる力を走る力にするために、ももは地面と平行にし、ひざ下を内側に入れ、Zの形に・・・

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

実際に走ってみましょう

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

野人のお手本に、子どもたちが群がります

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

保護者の方も・・・

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

教室開始前に測ったタイムと比べてみました。
みんな速くなりましたね~

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

最後に、「野人チーム」と「子どもチーム」のリレー対決!
野人チームはスタートを30秒遅らせるハンデ戦です。

ヨ~イ、ドン!

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

この後、野人は子どもチームに追いつくと、ちょっと並走し、追い抜いてゴール♪
その瞬間を思わず肉眼で見てしまったので、写真撮るの忘れました~。
子どもチーム大健闘しましたが、あと5秒、ハンデが欲しかったね~。

スライドショーには JavaScript が必要です。

大学生のお兄さんが見せてくれたハードリングには拍手が起こりました♪

【質問タイム♪】

質問タイムには、サッカーのことではなく、「猫と犬、どちらが好きですか?」「野人というニックネームはやめた方がいいのでは?」「どうして髪が長いのですか」と、意表を突く問いかけ。
岡野さんは、「野人的には犬ですね」「間違えて『野蛮人』とか『野獣』とか言われることもありますが、『野人』に誇りを持って生きてきているので、ご容赦ください」と、会場を沸かせました。
現役時代、100mを自分より速い10秒7で走るアルゼンチン選手の髪形にあこがれて伸ばし始め、最初はチームから切るように言われたものの「野人」のニックネームが定着してからは認められた、また、身体も野人化して、医者が驚くほど驚異の回復力を手に入れたエピソードも披露されました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

【閉会式】

コーチたちからは「今日教わったことを1つでも持ち帰って、家で練習してみてください」
「最後は腕を振って走れてましたね。魔法が消えないように、運動会や陸上大会で頑張ってください」とエールが送られました。

岡野さんは「自分はサッカー部のない高校にサッカー部を作るところから始めて、日本代表になりました。
環境じゃなく、その時何ができるか、嫌なことをどれだけ頑張れるかで、その後チャンスがめぐってくると思います。
20年前のワールドカップ予選で3回もはずし、試合中、このまま走って逃げだそうかと思いました。
みなさんのお怒りを思うと、日本には帰れない、このままマレーシア国籍を取らなくてはいけないかと思いましたが、その後決勝ゴールを決めました。
あの時逃げていたら、今、自分はここに立っていません」と、あきらめないことの大切さを語りました。

岡野さんの現役時代を知らない子どもたちですが、すっかり岡野さんの人柄に引き込まれたよう♪
「『野人』の足が速くて、とても楽しかった」と、「野人」定着♪


「走る練習が楽しかった。かけっこ大好き。最後の方は左腕が伸びてしまった」と、本格的に指導を受け入れている1年生もいて、「教えられたことをやったら、速く走れそう」と話してくれました。

最後も元気よく「ありがとうございました~!」

 

教室終了後も、子どもたちは名残惜しそう・・・

【岡野さんインタビュー】

陸上教室の講師は初めてという岡野さんに、お話を伺いました。
「サッカー教室でもそうですが、子どもたちのまっすぐ、素直、一生懸命にやってくれる姿が嬉しく、こちらがパワーをもらいます。
頑張らなきゃと思います。

今日は、陸上のプロと一緒で、すごい!と思いました。
自分も勉強になりました。
子どもたちも体感して、素直に感動したのではないかと思います。

現役時代は、すごく腕を振って走っていて、試合後は足ではなく背中がつってました。
今日、あらためて腕振りの大切さが分かりました。
鳥取に帰ったら、選手にも伝えられます。
保護者の皆さんも勉強になったのではないでしょうか。

自分の現役時代は20年前。
子どもたちは、どうして知ってくれてるのかなと思いますが、知っててくれてうれしい。
今日来てくれた子どもたちは、素直で明るく元気でしたね~」

 

朝日新聞社は、これからもスポーツ関連のイベントを開催していく予定です。

成田新聞販売

購読の一時停止はこちらから
無料お試し読みの申込はこちら

サイト内検索