街の情報ゲット!

情報掲示板

※「情報掲示板」は、地域のイベントや会員募集などの情報を提供しています。掲載時にすでに定員に達している場合もありますので、あらかじめご了承ください。

今年で10回目を迎えるラテンフィエスタ。中南米の伝統的な音楽やダンスを楽しみながら、日本在住の中南米出身の方々と交流できるビッグイベントです。
今年もみなさまのご参加をお待ちしています。

日時 : 7月31日(日) 13:00から

会場 : 成田市中央公民館 講堂

内容 : 中南米の方々との交流・ダンスの披露など

参加費 : 300円(小学生以下無料)

問合せ : 成田市国際交流協会事務局 (0476-23-3231)

ラテン

障害年金がもらえるかどうか分からない方に、専門の社会保険労務士が、個別にご説明します。

▽7月19日(火)/8月16日(火) ※毎月第3火曜日
13:30~16:30

▽成田商工会議所

▽主催・申込:NPO法人みんなでサポートちば (℡043(301)2311)

http://www.minsapo-chiba.jp/

名称未設定 1

地域の情報を掲載しています。チェックしてね♪

 

【収蔵優品展 辻本史邑とその周辺】

《会期》 平成28年6月11日(土)~8月7日(日)まで
9時~16時(入館は15時30分まで)
《主催・会場》 成田山書道美術館
《出品作品》約70点
《休館日》 月曜日(休日の場合は翌平日休館)
《入館料》 大人500円(350円)/高・大学生300円(200円)/中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
《趣旨》
戦後の日本の書に大きな影響を与えた辻本史邑(1895-1957)が誕生して120年が過ぎました。
奈良県師範学校を首席で卒業した史邑の前半生は、母校奈良県師範学校や奈良中学における習字教育者としての活躍で知られました。
そして、大正14年に寧楽書道会を創立すると、ほどなく書道研究誌『書鑑』を創刊し、学校教育の枠を超え、古典を重視する本格的な書の普及に心血を注ぎました。
戦後、書が日展に参加すると、漢字作家としては関西から唯一審査員に抜擢されました。
同時に、日本書芸院の会頭に就任して戦後の関西書壇のまとめ役として重要な役割を果たしました。
62年と、書家としては短い人生でしたが、表現は多彩で、日下部鳴鶴風の書を基礎にしながらも、劉石庵や王鐸ら明清の書に果敢に取り組み、晩年には富岡鉄斎の文人的な表現にも傾倒しました。
本展では、史邑の作品のほか、師の近藤雪竹や鳴鶴、比田井天来、山本竟山など史邑に影響を与えた人物、また、尾上柴舟や松本芳翠ら、ともに戦後の書壇を支えた書家、さらに史邑のもとに集った作家などの優品を展示します。
なお、本展は、辻本妙子様からご寄贈いただいた史邑らの作品を中心に構成したものです。

音楽とアートのコラボをテーマに、絵画と音楽を同時鑑賞できる「杜の音楽会」。
7月13日~18日に開催されるVol.4のアートコンクール出展者を募集しています。
絵画の向こうに音楽を感じる素敵な絵画をお寄せください!
グランプリ作品には、作曲家の中村由利子さんが、その絵画からイメージした曲を制作、CD化し、プレゼントしてくれます♪
締切は6月20日(月)。募集要項はポスターをごらんください。

2016杜のアート展チラシ

2016杜のアート展募集要項

2016杜のアート展募集要項

2016杜のアート展募集要項 - コピー

2016杜のアート展募集要項 - コピー - コピー

第1回は終わってしまいましたが、単発での参加も可能です!
参加費も無料♪
この機会に、日本人として、日本の伝統文化に触れてみませんか?

日本舞踊「振りと舞台衣装、化粧、小道具を学ぶ」
狭き門とされる日本舞踊の基礎、白塗り、裾引きの着付を学びます。
▽対象、県内の幼児、小、中、高校生男女募集
初心者歓迎致します。
▽日時、平成28年5月8日5月22日6月12日6月19日7月3日7月24日7月31日8月7日9月25日10月2日10月23日10月30日11月13日11月27日12月11日全15回
13時半~14時半
▽会場:成田市中央公民館研修室
▽参加費無料、定員12名、事前申込必須
▽連絡先:椿理絵、0476(28)2058

成田新聞販売

成田新聞販売ホームページ
アサイチくんのきょうしつ
購読の一時停止はこちらから
無料お試し読みの申込はこちら

サイト内検索