街の情報ゲット!

情報掲示板

※「情報掲示板」は、地域のイベントや会員募集などの情報を提供しています。掲載時にすでに定員に達している場合もありますので、あらかじめご了承ください。

【子どもたちと学ぼう 認知症サポーター養成講座】

お子様から大人まで、どなたでも参加できます。
参加された方には、認知症サポーターの証『オレンジリング』が渡されます。



【航空科学博物館イベント情報】


【劇団オムライスロビー公演『銀河旋律』】

同じ台本で、4公演とも違うキャスティングで演じます。
楽曲提供バンドの生演奏ともコラボ!


【ももとせふれあい寄席】

1回笑うと寿命が1日延びるんだって!
200円で大笑い!


【キャロットカフェ講演会『いま認知症の人から、これから認知症になる私達へ』】

富里市で活動するボランティアグループ「キャロットクラブ~認知症になっても安心して暮らそう会~」企画の「認知症当事者講演会」です。

▽9月2日(土) 13時~16時

▽成田富里徳洲会病院 多目的室

▽内容:家庭でできる介護予防体操紹介/DAYSBLG!メンバーさんと前田隆行さんが語る・隆行さんと語ろう/「いつまでもこの街で暮らしたい」思いをこめて

▽目的:認知症当事者の方からお話をいただき、より一層の認知症理解につなげる
▽目標:①認知症と診断されている方の不安や葛藤を知ることで、病気としてとらえることが出来る。②認知症を身近に感じることで、自分事としてとらえることが出来る。同時に、地域住民がどのようにサポートしていくべきか考えることが出来る。③「私たちが認知症当事者となっても、この街で安心して生活できるようにしたい」という意識作り。

▽連絡先:℡080(5456)2796(平川 19:30~)


【高等学校開放講座】

▽対象:20歳以上の方(成田市在住・在勤・在学者優先)
▽定員:各20人(先着順)
▽申込は、各講座の初回2週間前までに、℡またはFAXで、成田市教育委員会生涯学習課まで。
℡0476(20)1583/FAX0476(24)4326

◆成田高校◆

▽9月17日(日)・30日(土)・10月7日(土)・14日(土)・21日(土) 午後1時~4時

講座①《漢詩鑑賞と思想研究》
▽内容:『詩経』や『荀子』などの漢詩を読み解き、味わいます。
歴史に育まれた漢詩を鑑賞し、教養を深めましょう。▽参加費無料

講座②《パソコン・ワード練習講座》
▽内容:初心者歓迎! パソコンの基本的な操作から、インターネットの上手な使い方まで、高校の先生が丁寧に教えてくれます。
▽参加費1000円(教材費)

◆成田北高校◆

《一から作る金属根付け》
▽9月28日(木)・10月5日(木)・12日(木)・26日(木)・11月2日(木)・9日(木)・16日(木)・30日(木) 午後6時30分~8時30分
▽内容:本格的な金属根付け製作を高校の美術の先生が丁寧に教えてくれます。
世界にひとつだけのオリジナル根付けを作ってみませんか?
▽参加費3000円(教材費)

◆成田西陵高校◆

《生活に潤いを》
▽10月7日(土)・14日(土)・21日(土)・28日(土) 9時~正午
▽内容:そば打ち、竹垣の作製、フラワーアレンジメント、草花の寄せ植え。
あなたの生活をちょっぴり楽しくするヒントがつまった講座です。
これからの生活にスパイスを与えるきっかけにしてみませんか?
▽参加費2000円(教材費)

※全講座で別途保険料がかかります。


【 「笑医プロデューサー養成講座~プラス思考で心の健康を~」】

笑うことは、リラックスできるだけでなく、免疫力の向上や心の健康に密接な関係があることがわかっています。
笑うことの大切さを知ってもらうことは、うつ対策や自殺防止にもつながります。
笑いが心に与える影響を学び、笑うことの大切さを伝える笑医プロデューサーになって、一緒に活動しませんか。

月日=9月25日(月)・26日(火)(全2回)
時間=9:30~15:30
会場=成田市保健福祉館多目的ホール
内容=笑いと心の健康の関係を理解し、それを伝えるために、人を引き付ける話
し方を学ぶ(ワークショップあり)。
対象=講座終了後は市内で、グループでのボランティア活動に参加できる人
定員=30人(2日間通して参加できる方を優先に先着順)
参加費=150円(保険代等)
締切=9/19(火)
※申し込みは健康増進課(電話27-1111)へ。


【国際市民フェスティバル ボランティアスタッフ募集】

10月1日に成田国際文化会館で開催される国際市民フェスティバルの「忍者ランド」での補助等をしてくださる方を募集します。
子どもたちが楽しみにしているレクリエーションです。
昨年の様子はコチラ


【明治大学・成田社会人大学公開講座(国際社会課程) ~明治大学の講義を成田で~】

日時 平成29年9月30日(土)14時~16時
会場 成田市役所6階会議室
テーマ 現代アメリカ情勢を問う
講師 福田 邦夫 先生(明治大学名誉教授)
定員 50名
参加費 無料
申込方法 成田市生涯学習課へTEL(0476-20-1583)


【バウンドテニス体験教室】


【第5回もりんぴあフェスティバル】


【成田シニアアンサンブル青空 秋のコンサート~さわやかな風にさそわれて~】

【富里PR動画「愛の輪つなごう富里lalala」出演者募集!】

とみさと市民活動サポートセンターでは、協働のまちづくり事業として、《富里市の資源はスイカや人参だけではなく、「人」の良さ!》をテーマとし、市民活動団体や市民の方をダンスリレー形式でつないだ、ひとつの作品を作ります。
9月23日(祝・土)の一般市民全体撮影会では、市民活動を行っている「オラキノ・マイカイみちこフラスタジオ」が制作した「Lovely 富里フラソング」に合わせてフラダンスを踊り、人文字(と・み・さ・と)を作ります。
下記の日程で全体撮影会を開催しますので、皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。

■日 時 平成29年9月23日(祝・土) 午後1時~4時
※雨天の場合、24日(日)に順延
■場 所 富里中央公園 イベント広場
■駐車場 富里中央公園駐車場及び富里市役所駐車場
■費 用 無料
■定 員 先着500名
■申 込 8月31日(木)までに電子メールにて申し込み
※次の事項を明記して送信
件名に「愛の輪つなごう」
本文に「代表者名」「参加人数(年齢も明記)」「電話番号」
※メール受信後、エントリー番号を返信しますので、市民活動サポートセンターからのメールを受信できるよう設定をお願いします。

▽問・申込先: 市民活動サポートセンター
電 話 0476(93)4123(同FAX)
メール tomisapo@bz04.plala.or.jp


 【8月のももとせ・サロン】


【なりたウオーキングクラブ   8月例会「早朝ウオーク」】

1、行事名  早朝ウオーク
2、実施日  平成29年8月26日(土)
3、集合場所 中台運動公園内 成田市体育館前
4、集合時間 午前7時00分
5、参加費  200円(会員無料)
6、歩行距離 11km
7、持参品  雨具、水、
8、コース・みどころ
①出発地    成田市体育館
②主な休憩場所 神宮寺公園・大谷津球場前
③昼食地    昼食はなしです。
④みどころ
早朝の涼しい時間に成田市内の里山と木陰を歩きます。
残暑の厳しい時期ですので十分な健康管理のもと参加ください。
水分必携。
成田市体育館→神宮寺公園→押畑の里山→大谷津球場→山口の里山→中台運動公園
9、解散場所  中台運動公園内 成田市体育館前
10、解散時間 10時00分
11、参加方法 自由参加
▽問   080-3156-7482 (田口)


【キルト・フレーム パッチワークキルト展「ぎゅっと夏!」】


【成田ユニバーサル美術館 飛行機写真募集】

【この人を描く展~えがおをさがして】

▽開催中~9月2日(土) 10時~16時 月・火休館 8/7~15夏季休業
▽入館無料
▽成田ユニバーサル美術館(成田市東町779―3/℡0476(85)6655)
▽参加者:安藤真樹・大木秀子・大戸拓路・野村美枝子・田代れいあ・橋本健司・寺内湖都・大竹美波・山田一義・川地幸子 (順不同)

成田出身の真打ち 三遊亭金朝師匠から8月のお便りいただきました。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【黒門亭】

▽8月20日(日)12時開演
▽木戸銭 1000円
▽落語協会二階座敷(台東区上野1-9-5)
▽電話 03-3833-8563
▽番組:古今亭ちよりん・三遊亭歌奴
    一仲入り一
三遊亭金朝・柳家さん若
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【第八回  三遊亭金朝の会】

▽8月24日(木)18時30分開演
▽木戸銭:前売り券 2,500円/当日券     2,800円
▽池袋演芸場(豊島区西池袋1-23-1)
▽電話 03-3971-4545
▽前売り券のご予約・お問い合わせ:090-3522-9171
▽助演:落語    三遊亭ときん/寄席文字実演   橘 右樂
▽金朝演目: 酢豆腐 ・ 他一席

【指導者協議会メンバー募集】

子どもたちに遊ぶ楽しさ伝えませんか!

事務局にお気軽にご連絡の上、ご参加ください♪


【「DIC川村記念美術館×林道郎 静かに狂う眼差し-現代美術覚書」展】

今展は、同館のコレクションの中心を成す現代美術に焦点を当て、美術史・美術批評の分野で活躍する林道郎氏の手引きで、 初公開作品を含む約90点が紹介されるものです。
作品に包含された「人間の感覚や想像力や思考のモデルとしての可能性」について、4つのキーワードを起点として探ろうとする展覧会です。

「現代絵画とは何か、どのような流れや変化があったのか、
絵画をさらによく見るために、4回シリーズの講演会やギャラリートークを毎週開催し、コレクションを通して現代美術への理解を深めるための機会といたします」(同館)

詳しくは同館ホームページをご覧ください。

http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/next.html


【航空科学博物館 8月のイベント情報】


【スカイタウンコンサートVol.18「ギターとチェンバロの二重奏」】

奥深い響きのクラシックギターと多彩な音色を奏でるチェンバロによるデュオとソロ演奏♪

【さくらカフェ】

誰でも気軽に立ち寄ることの出来る憩いの場所を目指して、地域住民のスタッフさんとカフェを始めました。
みなさまのご来店をお待ちしております♪
認知症の方、ご家族、地域のみなさん、どなたもお気軽にどうぞ!
悩み事相談、情報交換、おしゃべりしましょう♪

毎月第2日曜日です。


 

 

名称未設定 1

昨年7月に東京武道館で行われた大会での千葉県代表の演武

 

かすかに木の香り漂う静謐な道場の空気を切り裂く鋭い気合い。ブンッと唸る杖(じょう)。極限まで神経を研ぎ澄ました身体の動き。見ているだけで心身が引き締まる思いがする。

神道夢想流杖術は、伝承によると、江戸時代の剣客・夢想権之助勝吉が、夢に現れた神童に受けたご神託「丸木をもって水月を知れ」をもとに生み出した、長さ四尺二寸一分(約128㎝)の樫の丸木=杖(じょう)を用いた武術だ。水月とは身体の急所である「みぞおち」のこと。権之助は黒田藩に召し抱えられ、神道夢想流は明治維新まで藩外不出の武術だった。「疵(きず)つけず 人をこらして戒むる 教えは杖のほかにやはある」と古歌に詠われた夢想流。命を奪いにくる相手を、刃の無い棒1本で、傷付けずに制するという唯一無二の武術は、その後、警察でも採用され、現在は全日本剣道連盟の、剣道・居合道と並ぶ「三道」の1つとして普及している。どんな攻撃をも想定して、四百年もの間、先人たちが練り上げてきた最も合理的な形だ。

館長の西海鎌太郎さんは、杖術の魅力を「老若男女、年齢に関係なく始められる」「棒1本あれば稽古できる」「心と体、気力、集中力が鍛えられる」「胆力が整い、武道の神髄、日本の心を学ぶことができる」と話す。「定年後の生き甲斐を求めて入った方もいます。お子さんは礼儀作法を学ぶだけでもいい。女性はかえって力が抜けて良い形が演じられます。稽古は誤魔化しが通じません。心は形に現れるのです」。
あなたも杖道を始めてみませんか。いつでも見学大歓迎です!!

▽富里市七栄交番となり
▽土曜14時~16時30分/木曜18時~20時(その他の日時も応相談)
▽月謝5000円 (高校生以下 無料) ※入会金なし
▽問…℡0476(93)1789(西海)

△毎週 土、日曜日8時30分~11時30分、1,2学年は日曜日練習。
△三里塚FC専用グランド(三里塚、麻薬犬訓練センター向い)
△入会金2,000円、後援会費2,000円/年/1家族、月会費1,500円(兄弟割引あり)
△年長から小学6年生までの男女。(女子チームの練習や試合もあります)
△見学、体験練習大歓迎、入会随時可能です。
△電話090(1880)4563(鈴木)まで

成田新聞販売

成田新聞販売ホームページ
アサイチくんのきょうしつ
購読の一時停止はこちらから
無料お試し読みの申込はこちら

サイト内検索