街の情報ゲット!

【続報】七栄FCが優勝! エアポート杯少年フットサル大会 

2月26日に、成田市体育館で行われた「第33回エアポート杯争奪少年フットサル大会」は、七栄FCが嬉しい優勝を飾りました♪

 

決勝戦は、赤のユニフォーム大栄FC 対 紫のユニフォーム七栄FC。

試合は、狭いコートでの10分ハーフ、攻守の切り替えが速く、息つく間もありません。

開始4分に七栄が先制。
それほど力の差があるようには見えない試合内容でしたが、決定力に勝った七栄が、前半3点、後半も3点、ゴールを決め、無失点で優勝を飾りました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

圧勝した七栄ですが、なんと、6年生になってからは初めての優勝ということで、喜びもひとしおでした。

森啓太キャプテンは、「1年間優勝がなかったから、うれしいです。みんなで練習してきて、今日は気持ちが一つになりました。決勝戦を無失点で勝ててうれしいです」、
5得点をあげた輿石疾風選手は、「勝ててうれしいです。予選リーグは調子が悪くて、決められなかったこともありましたが、決勝トーナメントに上がってから、勝ちたいという気持ちが強くなり、調子も良くなり決められました」、
辻谷真智コーチも、「能力のある子たちが集まってはいますが、今日は集中してできました。6年生になってからは、準優勝や3位という成績でしたから、初優勝でうれしいです」と話してくれました。

【表彰式】

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

今年で第33回を数える今大会の閉会式では、第1回からを知る日本フットサル審判員の第一人者、成田市サッカー協会顧問で日本サッカー協会常務理事の松崎康弘氏が講評に立ち、「フットサルは、小さいコートだからボールにたくさんさわれます。判断も早くしなくてはならないし、技術も高まります。みなさんのレベルは第1回より、格段に素晴らしいものになっています」と、選手たちを讃えました。

 

 

 

 

準優勝:大栄FC

3位:FCボレイロ成田

3位:光Jegg’s

敢闘賞(産経新聞社千葉総局賞):エステレーラSC

敢闘賞(東京新聞賞):セレステ成田ジュピター

 

最優秀選手賞:井上歩選手(成田FC)・佐久間歩選手(七栄FC) 歩君という名はサッカー上手になるのかな・・・

 

各チームの優秀選手のみなさん

 

成田新聞販売

成田新聞販売ホームページ
アサイチくんのきょうしつ
購読の一時停止はこちらから
無料お試し読みの申込はこちら

サイト内検索